ちゃぶ台で味わい深い部屋作り【モダンテイストを楽しむ】

環境を考える

電球

それらの歴史について

1810年代に入り、世界中にガス灯が普及しました。その後、様々な研究が進み、1879年には世界で初めて画期的な電気電灯が作られ、街を明るくしていました。そして、今も使われている蛍光灯は1938年に誕生しました。その後1996年にはLEDの照明器具が誕生し、省エネやエコに繋がると注目を浴びました。発売当初は、かなり高級品でなかなか一般の家庭の人たちが購入できるものではありませんでした。その後、東日本大震災によって電力不足や相次ぐ電気代の値上げによってLEDが注目されるようになったのです。様々なメーカーが照明器具を発売し、発売当初に比べて価格もだいぶ安くなり、手の届くものとなっていきました。

LEDとともに進歩していく日本

照明器具の中でもLEDは、一昔前に比べると安く手に入るようになったため省エネ照明器具としての需要も高まり、家庭用の照明器具として今まで以上にLEDが使われると予測されます。ここ数年の電気代の値上げは、家計にも大きく響くものとなっており、また環境問題の観点からもLEDは今後、照明器具を買い換えるならLEDという風になると予測されます。一般家庭だけでなく、オフィスや商業施設などでもLEDを照明器具として使うことで省エネや経費削減、エコに繋がるため今後は今以上に使われていくことでしょう。また、イルミネーションなども環境を考えてLEDが主流となることでしょう。日本の灯はLEDとともに進歩していくことでしょう。